あなたは靴を選ぶ時、何を基準にしていますか?

あなたは靴を選ぶ時、何を基準にして選んでいますか?デザインや価格、そして自分の足に合うものを探して購入すると思います。
では、自分の足が右と左では大きさが違うことを知っていますか?靴にはサイズがありますが、片方ずつはバラ売りしてくれませんよね。
そうなると大きい方の足に合わせて、靴を選ぶわけです。
しかし買ってみたものの足にしっくりこないことがあって、その靴が下駄箱に入ったままの状態の人も多いのではないかと思います。

自分の足にピッタリあった靴を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは自分の足の形を、知るという事が大切です。
靴屋さんによってはシューフィッターがいて足のサイズを機械で正確に測ってくれる店舗もあります。
この測定で、自分の軸足や足の長さ、幅、甲の高さまで正確に知ることができます。
私も測定していただきましたが、自分が今まで思っていた足のサイズより長さが短いことがわかりました。
ただそのサイズで靴を選ぶと、今度は甲が高いので靴がキツク感じるのだそうです。

どうしてもデザインが可愛いからと、若い頃に自分の足に合わないものを無理に履いていた時期がありました。
経験者からするとこの行為は絶対にやめたほうが良いです。
足に無理な負担を与えてしまい、足の裏の状態が見るも無残になりました。
ですから、自分の足に合った靴を見つけるというのは、とても大切なことなのです。

自分に正しい靴を選び、履くことで正しい歩き方ができるようになります。
正しい歩き方ができると、体の歪みもある程度矯正することができます。

美しく歩く姿は、誰の目にもよく映りますよね。
若い子の間では、流行りの高いヒールの靴もあります。
しかし歩いている姿をよく見てみると、かくかくと膝から下で今にも転びそうに歩いています。
これでは、姿勢も悪いですし太ももの付け根から足を動かしていないので可動域も少なくなってしまいます。

たくさんの靴の中から、自分にピッタリのものを見つけることは苦労しますが、体のためにも納得できるものを選ぶようにしましょう。

くせ毛のことならお任せ下さい

DVDの買取ならBookRiver

リンク